【Instagram】No.2インスタ運用編

Instagram

インスタの特徴とは?

①コミュニティができる
自分と似た人が自分の周りに集まる
例:ママに集まるのはママ

つまり、何かビジネスをしたいのであれば、ビジネスのお客さんになってくれる人が
ファンになってくれるような自分になることが大事。

②インスタは永続広告&プル広告
広告の種類は2つ
・単発広告:チラシ、テレビ、ホットペッパー 、リスティング、イベント
・永続広告:ブログ、会員サイト、メルマガ、インスタ(SNS)

さらに永続広告は2つに分類される
・プッシュ型:LINE@
・プル型:インスタ

人は「見て」と言われたものは見ない。
人は「見たい」と思ったものを見る。

永続広告は基本的に難易度が高いが、その中でも
インスタは難易度が低く、かつ”永続広告&プル広告”。

だからこれからはインスタを運用することが大事。

③教育広告である
お客さんは”知りたがりで、めんどくさがり”
知ればファンになるので、情報を継続的に与えることが重要。

投稿を定期的に行って、目に付く機会が増えると
単純接触効果によってファンになりやすい。

ファンができた時にインスタでできることは4つ
・広告
・二次メディアへの誘導(Youtubeなど)
・店舗集客
・自社商品の宣伝

インスタの構造理解

①構造理解
前提として、”人は人にくる”。
例:ホストクラブではなく、ホスト目当てで人がくる

まずブランディングすべきは”個人”。
この時、ライフスタイルがわかる投稿を8割投稿。

②コンテンツ
プロフィール
・74%の人がプロフィールを見て5秒以内に離脱
・5秒以内に読めるよう、箇条書きにする。
・興味を引きつける情報を載せる。
・画像は自分の写真を使う。
・URLはツールを使って短くする。

画像
・フィード投稿は9枚ごとに色分けすると、見やすくなる。
・写真は6歩バックしてライフスタイルが分かるように表現。

文章
・幸福、知識、努力を意識して書く。
・なぜならば、フォロワーは電話帳の整理のように、フォローを整理する。
・フォロワーが見た時にメリットがある文を書く。

ハッシュタグ
・最適数は”5個”。
・5個のうち、2個は同じようなタグにする。
例:#映画、#映画観賞
・大量にハッシュタグをつけると、インスタのアルゴリズムが判別できず、分類してもらえなくなる。

インスタの運用方法

例えば、美容師の場合
・お客さんとラインを交換する
・スプレッドシートにアカウント名、来客日等を記載
・お客様の投稿に定期的にコメント。
※この時も人間味があるコメントを意識する。
※ビジネス感を出すのはNG。

例:アパレル店員
×この服は値下げして1万円です。買ってね。
◯今日はこのコーデ!もっと詳しい解説はHPで見てね。