【ダイエット実践中!】ケトジェニックについて解説

MUPアウトプット

どうもこんにちは、スケです。

MUPカレッジに入学して、ひょんなご縁でパーソナルトレーニングのモデルをやっています。

今回はケトジェニックについて説明していきます。

ケトジェニックとは?

ケトジェニックとは、「ケトン体を体の中でつくり出して、それをエネルギー源として働かせている状態」のことをさします。

Mr.白澤と実践する いちばんやさしい ケトジェニックダイエットの教科書 白澤卓二著、主婦の友社

ケトン体とは、ざっくり言うと脂肪から作り出されるエネルギー源のことです。

通常、エネルギーは炭水化物が分解されてできるブドウ糖がメインになりますが、このブドウ糖が無くなった時に、脂肪が分解されてケトン体が作り出されます。

つまりケトジェニックとは、脂肪が燃えやすくなる体づくり、と言えるでしょう。

この本はKindleのkindleunlimited(会員登録していれば、無料で読める)になっているので、気になる方はこちらにどうぞ。

パーソナルトレーナーの仕事

個人的にですが、プロから目標設定してもらえるのはとても効果的だなぁと感じました。

体重と体脂肪率などから、目標から逆算したKPIを設定してくれます。

ちなみにボクの目標はこちら

「11/13までに、体重を69.9kg以下にする!」

これがいわゆる、KGI(Key Goal Indicator)設定というものですね。

KGIを達成するために、KPI(Key Performance Indicator)つまり行動目標を設定します。

私の身長や体重から逆算したKPIはこちら。

  1. カロリー:2050kcal以下
  2. タンパク質:154g以上
  3. 脂質:137g以上
  4. 炭水化物:51g以下

意外にも、脂質は多く摂ることが大事だそうです。

逆に、炭水化物は原則食べません。

これは、体のカロリー消費する時に、炭水化物ではなく脂質をエネルギー源として体をクセづけるために行うみたいですね。

トレーニングを行う以外に、こうした基礎作りが大事なんですね。

カロリー計算は「カロリーSlism」という無料のサービスを使っています。

これは、食材や料理を入れると自動的にカロリーやタンパク質などを計算してくれます。

最初は正直面倒ですが、続けるうちに、食材の栄養素に詳しくなってきて楽しくなってきますよ。

効率的に痩せるための戦略

ボクは、効率的にダイエットをしたいと思っています。

ボクは”効率”をこのように定義しています。

効率=成果÷時間

つまり、時間をかけずに成果を最大限あげることを、”効率が良い”と決めています。

今回のパーソナルトレーニングでも、効率を追い求めていきます。

具体的には、次の3つを大事にしていきます。

  1. お金をかけない
  2. 時間をかけない
  3. お腹が空かない

ダイエットが辛かったら、それだけで続かないじゃないですか。

それにMUPで学び狂いながらも、ボディメイクしていけたら最高じゃないですか^^

というわけで、ボクが身を持ってその方法を探してみますね。

次回もお楽しみに!